Skip to content

ビジネス用にタブレットを導入する利点とは

営業活動を行う事で、企業は取引先などに自社製品やサービスを売り込みに行く事が出来ます。

営業活動では、相手に商品やサービスの良さを理解してもらう為に様々な資料を用意する必要があります。

報告書やプレゼンテーション資料などのオフィス文書を作成するには、軽量な端末があった方が便利です。

ビジネス用として発売されているタブレットは、ノートパソコンよりも軽量であり、USB端子やBluetooth経由で自分の好みのキーボードやマウスを使えるようになるのが利点です。

また、最近では、タブレットに付属のキーボードをドッキングさせてノートパソコンのように使えるようになる2in1が登場していますので、用途によってタブレットにしたり、ノートパソコンとして使ったりする事が可能です。

ビジネス用タブレットは、オフィス文書が作成しやすいようにオフィスツールが付属していますので、別途オフィスツールを購入しなくても済みますのでリーズナブルです。

ビジネス用としてメーカーから発売されているだけあって、ビジネスで使いやすいようにスタイラスペンが付属したり、端末を立てかけて使える専用ケースが付属していたりします。スタイラスペンは、マウスを使う必要が無く、タッチパネルを指で操作する必要もありませんので、操作がしやすくなり、ソフトウェアによっては文字入力も行えるようになります。快適な操作性でビジネスに必要な事を一台で行えるのがビジネス用タブレットを使うメリットです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です