Skip to content

法人にはタブレットが必需品になります

最近、法人が営業でタブレットを導入しているケースが増えています。

法人がタブレットを使うと何が変わるのでしょうか。

商談にいくのにわざわざ、資料やパンフレットを持ち歩く必要はありません。タブレットがあれば、その場で閲覧したり、ダウンロードすることができます。

画面が大きいタブレットなら、そのままお客様に見ていただくこともできますし、印刷してわたすこともできます。思いカバンを持ってお客様のもとに向かう必要もありません。

マニュアル、カタログなどを一括管理しておけば、すぐに取り出すことができます。その資料はどこにあるといった検索機能も使えるので、好きな時にタブレットから抽出することができます。

また営業にはつきものの、営業日報、報告なども外出先で作成して送付すれば、わざわざオフィスに帰らなくても報告は終わります。営業活動を、より強化することができます。

スタッフにとっては時間を効率的に使えることになります。ビジネスのシーンに合わせた法人契約を利用することによっていろいろな経費削減が図れます。例えば、社員みんなでバケットを利用するビジネスシェアパックなどというサービスが使えます。法人が利用する連絡用の携帯電話を導入すれば国内通話は24時間通話料定額のカケホウダイプランが使うことができ通話料の節約になります。パソコンと違って軽量なので持ち歩くことで様々な用途が増えました。

ビジネスシーンに欠かせないものになってきています。営業マン一人一人に持ち歩かせている企業も増えています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です